*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.07 (Fri)

きもので子育て

これからどんどん寒くなるみたいですね(><)
せっかく娘が歩き始めたのに、長時間は外で遊べないな~
とちょっと残念な気持ちのサクラです。

今回はリクエスト?!にお答えして、きものでの授乳についてです。
と言っても、私は一度挑戦しただけなので、あまり期待なさらないでください(^^;

私の体験談ですが、娘が4ヵ月のときに自宅で挑戦してみました。
まず、身八つ口から飲ませる方法に挑戦。
…しかし、とてもこの方法では飲ませられる気がしない!

ということで、今度は襟元を開け、そちらから飲ませる方法に切り替えました。
しかしこの襟元が意外と中々緩まりません。
引っ張って引っ張って、何とか襟元が緩まり、とりあえず授乳に成功♪

しかし授乳中は娘には襟芯が当たってしまい、飲み辛そう。
そして半襟が汚れそう。

授乳終了後に着崩れを直しましたが、こちらはすんなり!
襟元を直し、おはしょりを引っ張り、長襦袢の衣紋抜きを引っ張って、
きものの背中のたるみを取ればほぼ元通りでした!

きもので授乳の感想は…
・襟芯は入れない方がいい
・半襟は汚れてもいいものを(手ぬぐいがよいかと)。
・伊達締めはしない方がいい
・おはしょりが確保できるきものを着る
・着崩れの直しは意外と簡単
と、こんなところです。

つまり、きもので授乳をし易くするためには、多少の着崩れは必須ですね。
私は襟元が崩れる着付けは好きではないので、
結局きもので授乳はこの一度きりとなってしまいました。


そして私の話より数倍ためになる本がございます。
きくちいまさんの「きもので出産!」です。
授乳については勿論、妊娠中やその他子育てに関する話も。

ちなみにきくちいまさんは、愛媛県松山市で開催されるきもの日和のイベントに
赤ちゃんといらっしゃるみたいですよ!

きくちいまさんのHPはこちら
いまっぺーじ

子育て中でもきものを楽しみましょう♪

サクラ
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

23:46  |  着物よもやま話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★ありがとうございま~す♪

リクエストにお答え頂き 感謝でございますv-22
なかなか 大変だけど 慣れちゃえば…ってことかもしれませんねぇ。
ミカミ |  2008年11月10日(月) 12:58 | URL 【コメント編集】

★そうですね

やはり、慣れだと思いますよ~
また、身八つ口からの授乳ができると
一番着崩れしないのかなと思います。
着崩れもですが、この方法だと胸元を隠したまま授乳できるので
外での授乳の場合、授乳ケープとかもいらないみたいなんですよ!
身八つ口からの授乳をマスターすれば怖いものなしかも!?
サクラ |  2008年11月10日(月) 23:18 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kimonobiyorimiyagi.blog60.fc2.com/tb.php/37-3e33627f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。