*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.10 (Mon)

着物で仙台ぶらり♪ ~博物館コース編~

遅くなりましたが、11月3日のイベント・博物館コースのご報告です♪

kimono113_3.jpg



当日は仙台駅前ペレストリアンデッキに40名近い着物人が大集結。回りの通行人の方からも「何かイベントですか?」とたくさん声をかけていただきました。
集合写真をパチリ!してからそれぞれ3コースの目的地へ。

この日博物館では 「最後の戦国武将・伊達政宗展」 が最終日!!
歴史好き・武将ファンには見逃せない展示です。


kimono113_9.jpg


仙台駅からバスで15分。目指す博物館に到着です。
博物館の回りの木々も赤や黄色に色づいて着物で歩く姿と紅葉のコントラストが目に美しい。



kimono113_11.jpg



博物館の入り口、郵便屋さんの彫刻の前で集合写真を撮ってから、お待ちかねの企画展へ入場です。


もともと伊達家関連の収蔵物は充実している仙台市博物館ですが、この企画展ではその豊富な展示品を一挙に目にすることができました。

私が個人的に印象深かったのは正宗のトレードマーク・月輪を頂いた兜の鎧2点と日輪を頂いた1点が並んだ展示コーナーでした。
月輪と日輪は共に密教の曼荼羅、胎蔵界と金剛界を表しているそうです。
実力と知力、それ以上に運が作用する戦場において、仏の加護を願ったんでしょうか。いつもデザインに目が行く兜ですが、深い信仰心の表れのように感じました。
あと、月輪の部分がイメージより大きくて「でかっ!頭ななめになりそう!」と思いました。


他の武将や家臣、子供などに送った手紙もたくさん展示されていたのですが、簡単な説明だけでなく訳も展示してくれたらもっとおもしろいのにな~って思いました。
昔の字ですし、達筆すぎて読めないんですもの。でもせっかくなら読んでみたい!

それにしても、ふと見渡すと着物姿で博物館をうろうろする皆さん、館内の雰囲気にとてもしっくりしてました。
場所と展示に似合ってます。


それぞれ思い思いに展示を楽しんだ後は、ゆっくり広瀬川に架かる橋を渡ってお散歩しながら仙台駅まで戻りました。
駅まではゆっくり歩いて40分ほど。ちょうど良いお散歩コースでした。



最近では格闘ゲーム『戦国BASARA』で伊達政宗ファンになる方も多いらしく、それがきっかけで仙台に来る方もいらっしゃるとか・・・!
(どなたかお持ちの方はいませんか・・・私もやってみたいです。笑)

企画展は終わっても、いつでも正宗関連の展示品はありますので、戦国時代に思いを馳せて着物姿で博物館散歩オススメです♪



                                                  スガタ
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

12:24  |  スタッフブログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kimonobiyorimiyagi.blog60.fc2.com/tb.php/39-29a1464e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。